【更年期】お腹周りの脂肪を落とすには? - 痩身・代謝アップ・フェイシャル コアヒート専門エステサロン カリド調布店

【更年期】お腹周りの脂肪を落とすには?

2022.11.18
  • 痩身エステ
【更年期】お腹周りの脂肪を落とすには?

こんにちは。

コアヒート専門エステサロンカリド調布店の石井です。

あなたは年齢を重ねるごとに「お腹周りが特に痩せにくくなった」と感じていらっしゃるのではないでしょうか?

特に女性では更年期によりホルモンバランスが乱れることで、40代50代はより痩せにくくなる傾向にあります。

若い頃と同じようにダイエットをしてもうまくいかない経験はお持ちでないですか?

そんな時はいくらがむしゃらにダイエットをしてもうまくいきません。

年齢とともに感じる痩せづらさにはどのようなダイエットが効果的なのか、一緒に学んでいきましょう。

■年齢とともに痩せづらくなるのはなぜ?

年齢とともに痩せづらくなるのはなぜ?

年齢とともに痩せづらくなる原因は様々あります。

1、基礎代謝の低下

20代~基礎代謝は下がり始めます。

とはいえ20代ではまだ食事を抑えたり運動をしたりすれば痩せていたはず。

それが難しくなるのが40代、50代の特徴です。

これには基礎代謝の大幅な低下が関わっています。

人間の代謝には3種類あります。

・基礎代謝
・活動代謝
・食事誘発性熱産生

の3つです。

このうちあなたが良く口にする「代謝」とはおもに「基礎代謝」のことをいいます。

基礎代謝は全体の代謝の6~7割を占めているので、これが低下すると、今までと同じ生活を続けていても

自然と太りやすくなってしまうのです。

年齢とともに代謝が下がることは日常的に意識しておきたいことですね。

2、ホルモンバランスの乱れ

女性は生理、妊娠、出産、閉経、更年期などライフステージによって身体が大きく変化します。

この変化に伴いホルモンバランスが大きく乱れます。

何か体に不調があったとき、「ホルモンバランスが乱れている」と分かっていても対処法が分からず

1人悶々と悩むこともあるでしょう。

もしくは原因がストレスだったとしても、日々の忙しさでストレスを発散できない方も多いのが事実です。

ストレスが発散できないと、つい爆食してしまい自暴自棄になって後で後悔することもありますよね。

このもどかしさとどう付き合っていくかで悩まれているのではないでしょうか?

女性の身体の悩みは心の悩みにも繋がりますので、年齢を重ねても健康でいたいという思いは正確には

「心身ともに健康でいたい」ということになりますね。

3、筋肉量の低下

女性は男性に比べてもともと筋肉量が少ないです。

そのため、代謝力も低くなっていますし、エネルギーを作り出す力も低い傾向にあります。

つまり食べたものをエネルギーに変えることができづらい身体なので、体力がなかったり疲れやすくなったりする生き物なのです。

もちろん筋トレをしたら解決する話なのですが、運動が苦手な方も多いことでしょう。

そんな時は無理に運動しようと思わず、エスカレーターではなく階段を使ったり、一駅前で降りて歩いたり、

歩いて買いものに行ったり、いつもより10分多く体を動かすことを意識してみてください。

身体を動かすことはストレス解消にもなり、よい気分転換になります。

ぜひ試してみてくださいね。

■更年期による身体の変化とは?

更年期による身体の変化とは?

更年期は40代半ば~50代半ばに訪れると言われています。

この年代になると、女性ホルモンのエストロゲンが減少してきます。

女性はもともと皮下脂肪が多いのですが、エストロゲンの減少により皮下脂肪よりも内臓脂肪が増加します。

内臓脂肪が増えることで、お腹まわりが太ってきてしまいます。

これが更年期になりお腹だけ出てきて悩んでいる女性が多い理由です。

女性ホルモンが減ることで脂肪の付き方や体型にも変化が出てくるのですから、更年期は本当に辛いですよね。

病院に行って治ればいいですがそうもいかないのが女性特有の悩みです。

更年期とうまく向き合っていくためにも、更年期によって身体がどのように変化するのかもよく理解しておく必要がありますね。

■40代50代のダイエットで重要なことは?

40代50代のダイエットで重要なことは?

更年期に入ってからのダイエットは、無理に食事を減らしたり、急激に運動したりと、これまでやってこなかったことにいきなり取り組むのは禁物です。

もちろん、食事に気を付けるのも運動を心掛けるのも大事ですが、「少しずつ」取り組むことを意識しましょう。

例えば、食事ですが、いきなりオートミールを主食にしてみたり、いきなり夜ごはんを抜いたり、

いきなりサラダばっかり食べてみることなどは、NGです。

【食事】
 →「少しだけご飯を少なく」「少しだけ間食を減らす」「少しだけパンやパスタを食べる頻度を減らす」

【運動】
 →「普段より少しだけ大股で歩く」「普段より一駅前で降りる」「階段を使ってみる」

【水分】
 →「食事の前後に必ずコップ一杯の水を飲む」「朝起きたら白湯を飲む」「お風呂に入っているときに水を飲む」

【ストレッチや筋トレ】
 →「立ち仕事の合間につま先立ちをする」「テレビやスマホを見ながらマッサージをする」「朝布団から起き上がる前に軽くストレッチをする」

など、人間の身体は急激な変化を嫌がります。

急激な変化はストレスになりダイエットの妨げになります。

いい意味で少しずつ自分の身体を騙しながら変えていきましょう。

更年期のダイエットのポイントは、今目の前の変化を望むのではなく、長い目で見て続けていけるダイエットをコツコツ習慣にしていくことが大事です。

気付いたら習慣になって痩せていた!

これくらい余裕を持てるのがベストです。

■コアヒートは更年期に気になるお腹痩せができる

4コアヒートは更年期に気になるお腹痩せができる

そうはいっても、目に見える結果や体感が欲しいという方もいらっしゃるでしょう。

そんな方にはコアヒートがおすすめです。

コアヒートは「ラジオ波」を使用したマシンになります。

ラジオ波エステ機器は世の中に沢山ありますが、「どんなラジオ波なのか」で、お腹痩せ効果に大きな違いが現れます。

更年期の内臓脂肪によるポッコリお腹を痩せたいのであれば本当に結果の出せるラジオ波機器なのか、違いを知っておく必要があります。

当サロンで扱うラジオ波は対極板付きのラジオ波エステ機器です。

電極から出た電波が身体を通って対極板に当たり、また電極に戻っていくという仕組みです。

電波仕組み

これが一秒間に数十万回繰り返され、体内に摩擦熱を発生させます。

体内に摩擦熱を発生させることができるので、内臓脂肪をダイレクトに温めて燃焼してくれます。

一方対極板がないタイプのラジオ波は、身体の中心部を温めることができません。

対極版なし

皮下脂肪は燃焼してくれても、内臓脂肪まではアプローチできないので、表面上の変化で終わってしまいます。

瘦身エステでラジオ波の施術を受ける時は、対極板があるラジオ波を選ぶとお腹痩せに効果的です。

■最後に

今までラジオ波を使用した痩身エステを体験したことがある方は多いと思います。

ですが、もしあなたがこれまで対極板付きのラジオ波を受けたことがないのであればぜひ一度受けていただくことをおすすめします。

内臓脂肪を減らせるだけでなく体を温めることで自律神経やホルモンバランスが安定し、更年期症状も緩和できるからです。

現代のストレス社会を女性が生き抜いていくためには、精神的な余裕や健康的な身体が必要不可欠です。

日々頑張る女性を応援したいと思っていますし、私自身ももっともっと人生をよりよいものにしていきたいと思っています。

1人で頑張らずに一緒に人生を変えていきましょう。

頑張る女性を心よりお待ちしています。

カリド調布店のご予約はこちら

Follow me!